トップページ
最新情報
診療内容
透析医療
透析療法
人間ドック
片山クリニックの概要
院長挨拶
交通・アクセス
リンク
お問合せ
腎不全とは
保存期腎不全の治療法
末期腎不全の治療法
血液透析のしくみ
透析の効果
透析による副作用
長期透析による合併症
運動療法
透析食について
糖尿病による腎不全と透析
腹膜透析について
腎移植について
尿毒症症状の改善
透析を行うとBUN、クレアチニンなど、たんぱく質が分解されてできた物質をはじめとする尿毒症物質が除去されるため尿毒症症状が改善されます。
体内の余分な水分も取り除かれ電解質と酸塩基平衡も調節されるため健康に近い状態を取り戻すことができます。
貧血の改善
透析は貧血の改善にも効果があります。さらにエリスロポエチン製剤を使用すると、貧血は正常とは行かないまでも、ほぼ完全に克服することができます。
血圧の改善
体にたまったナトリウムと水分が血圧を上昇させますが、透析で十分な除水を行うことで高血圧を改善することができます。
自己管理が大切です
透析は腎不全の方々の生命維持とQOL(生活の質)を高めるためになくてはならない治療法です。
しかし透析は正常な腎機能をすべて代行することはできません。したがって、適切な食事・運動・薬物療法を併用することで、さらに透析患者さんのQOLの改善が期待できます。